熊本ラーメン桂花ラーメン

東京で革命を起こした本場熊本ラーメン桂花。
この味を是非、皆さんで味わってください

求人情報

入社5年で店舗統括のスーパーバイザーに!!
やる気次第でどんどん自己成長できる
土壌が整っています

本社 東京店舗統括スーパーバイザー近藤裕介

33歳 入社5年目 正社員


現在はスーパーバイザーとして
既存店の収益性UPと新規出店のサポートをし
会社を大きくしていきたいです

現在、私は桂花拉麺本社にて、東京店舗統括スーパーバイザーとして、東京にある各店舗を訪問し、店舗指導を行っています。私の大きな役割としては、会社経営陣の考え方・進んでいくべき方向性を、現場である店舗スタッフに伝え、会社として一丸となって一つの方向に向かっていけるようにすることです。具体的に実施していることとしては、社員に対して経営理念を浸透させるための行動を促したり、既存店舗の売上向上に向けたアドバイスやサポート、また新たな計画として新規出店のサポート、そしてフランチャイズ店舗の巡回を行い、売上向上のためのアドバイスやサポートを行っています。実際に、私は入社して4年間店舗で厨房、ホール、そして店長職を経験して、その後スーパーバイザーとして3年目になりますが、今、とても充実しています。入社して数年で店長を経験し、さらに、本人の頑張り次第で希望している職種に就けるのも桂花拉麺の特長だと思います。


店舗主導で様々な施策が行われ、
それが評価してもらえる環境が整っています

桂花拉麺は、店舗主導で様々な施策が行われています。私たちの経営理念である「厳しさと優しさの融合と一人一人の責任ある仕事によってお客様に喜びと感動を与え共に幸せになる」に沿って、お客様に喜んでいただくために何ができるのか?を社員全員が考え、行動していっていると思っています。例えば、新商品開発に関しては、本部主導で実施するのではなく、一番お客様と接している社員が行ったほうが良い、ということで、新メニューのほとんどが店舗からの意見によって生まれています。商品構成や季節のキャンペーンなど店舗の意見が反映され、成果が出た場合は評価し、成果が出なかった場合は問題点を追求し、次回成功できるように再度考え直す、そういった自然な環境が整っている社風があります。


将来は今の職務をさらに進化させ、
東京での新規店舗の立上げを促進し、
海外での出店サポートを行っていきたいです

現在のスーパーバイザーとしての職務はお客様と直接関わるわけではなく、店長・社員との密接な関わりが重要になってきます。ここでも店長として店舗を運営してきた経験が活かされていると思います。今後に関しては、まずは、会社の方針に沿って、東京方面での新規店舗の出店を計画通りに進めていきたいと思います。そして、将来的には海外出店に向けての開業サポートを実施できればと思います。そういった意味では、もっともっと若い世代が入社してきてもらい、意欲と元気を持って、自分の夢を叶えられるよう、まい進していただきたいと思いますね。若くて元気があって意欲がある方、是非、お待ちしています。

催事のご案内

お問合せ お問合せ電話番号 お問合せメール


PAGE TOP