熊本ラーメン桂花ラーメン

東京で革命を起こした本場熊本ラーメン桂花。
この味を是非、皆さんで味わってください

求人情報

店長になってからも挑戦し続ける毎日。
あと5年で必ず独立して自分の店を
出します!!

新宿ふぁんてん店 店長 斉藤竜平

40歳 入社20年目 正社員


初めて食べた時の感動が忘れられず、「ここで働きたい」と思いました

私が桂花拉麺を初めて知ったのは、ちょうど10代の後半だったと思います。私の10代の後半の頃はディスコが流行っていましてディスコに行った帰りに行列ができているラーメン店の前を通りかかると、そこが桂花拉麺でした。もともとラーメンが大好きで、いずれはラーメン店で働いてみたいと漠然と考えていましたが、初めて桂花拉麺を食べたとき、素直に「美味しい」と思い、「絶対にここで働きたい」と思うほど感動したことを覚えています。当時、私は定時制の高校に通いながら、鉄鋼会社で働いていました。初めからラーメン店で働く、という選択肢もあったかもしれませんが、単純にラーメン店のオーナーになるのが私の目標ではなく、しっかりと組織を作った形でのラーメン店経営をしてみたい、という思いがあり、組織を学ぶ上で鉄鋼会社に勤務していました。そして定時制高校を卒業し、鉄鋼会社も4年勤務したところで退職し、いよいよ、というタイミングで桂花拉麺に中途採用で就職しました。


入社して4年目から店長として活躍する日々。毎日が勉強です

桂花拉麺以外にもラーメン店はたくさんありましたが、やはり、初めて食べた時の感動を忘れられなかったことと、店員の皆さんの活気が凄かったことが桂花拉麺を選んだ理由です。そして働き始めて感じたことは、お客様として感じる以上に社員として働いてみるとモチベーションの高い社員さんが非常に多く、店内での活気がものすごかったことです。私も含めて、ラーメンにかける思いが非常に強く、お客様に対して美味しいラーメンをいかにして提供していくのか、そしてリピーターになっていただくためにどのような接客をすればいいのかを、常に前向きに考えているスタッフが非常に多かったことを思い出します。そんな環境の中で努力し続け、入社して4年目で店長として数々の店長業務を行っていますが、毎日が勉強の日々です。店長としてのやりがいは、リピーターが多くなり、目標達成が当たり前の環境となり、安定的な店舗経営ができている現状が一番充実しているかもしれません。


慎重派の私ですが、今までの店長としての経験と研修制度など、
独立支援制度などを活用して5年後には必ず独立します

私が入社した20年前は、店長になった後もある程度の経験を積まなければなかなか独立する風潮はありませんでしたが、今では、情報の流通量も多く、様々な教育研修制度が整っていますので、店長を経験し、数年も経てば独立していく人も多くなっているように思います。私の場合は、性格的に慎重派ということもあってか、すぐには独立せずに、今も毎日、店長としての経験を積みながら、店舗経営に必要な知識を勉強している毎日です。こんな私ですが、あと5年を目処に、桂花拉麺の独立支援制度を活用して、独立していきたいと考えています。そして、1店舗だけで終わるのではなく、今まで学んだ知識と経験を活かして、数店舗経営できる組織をつくり上げていきたいと思います。

催事のご案内

お問合せ お問合せ電話番号 お問合せメール


PAGE TOP