熊本ラーメン桂花ラーメン

東京で革命を起こした本場熊本ラーメン桂花。
この味を是非、皆さんで味わってください

レシピ集

桂花で焼きラーメン(あったかホームメニュー)

ホットプレートをかこんで食べる
アットホームメニュー

作り方

  1. ラーメンスープ1袋は200ccのお湯にといておきます。
  2. 麺は沸騰したお湯で、ほぐす程度にゆがき(40秒)、すぐ湯切りし、流水で洗って滑りをとり、良く水けをきって、食べやすく、10センチほどの長さに切り、ざるにあけておく。
  3. 野菜やぶた肉を添付のマー油で炒め、麺を投入し炒めあわせる。
  4. 溶いたラーメンスープを注ぎ、ささっと全体をからませ、好みでウスターソース少々と醤油ひと回しかけ、できあがり。味を見て、塩コショウで整える。 好みで、紅ショウガ、高菜漬け、小ネギを添える。

材料

桂花らーめんの麺 2玉
濃縮スープ 1袋
マー油 1袋
紅しょうが 適宜
万能ねぎ 適宜
キャベツ 150g
玉ねぎ 1/2個
小松菜 80g
人参 1/4本
もやし 1袋
白ねぎ 1/2本
生シイタケ 2枚

など好みの野菜炒め素材合わせて500g位

高菜漬け 適宜
(あったほうが美味)
豚肉こま切れ
(又はチャーシュー)
100g
オイスターソース 小さじ1弱
醤油 小さじ1

人数が多くなれば、ホットプレートを皆で囲む食べ方が楽しい。 *博多の屋台で流行りだした焼きラーメンですが、桂花のラーメンで作ると、スープのまろやかな旨みと、マー油の香りが生かせて、我が家でも野菜たっぷり、栄養満点焼きラーメンが楽しめます。ぜひ、お試しください。

お土産桂花で冷やしトマトラーメン 2人前

作り方

  1. トマト1個は1,5cm角切り、レモン汁、塩、オリーブオイルとタッパーに入れ、シェイクしておく。
  2. 麺は1分30秒ゆで、流水で洗いぬめりを取って、しっかり水気をふるいおとす。 1玉につき、オリーブオイル小さじ1と醤油小さじ1/2でさっとあえる。
  3. 桂花の濃縮スープ1袋を50ccのお湯で溶く。100ccの和風だしと100ccのトマトジュース(無塩)を合わせて冷やしておく。(2人分)
  4. ②の麺を器に盛り、③のスープを半量(1人分)かけ、①のシェイクしたっトマトを盛り、薬味の大葉や小ネギを盛り付ければできあがり。

材料

桂花の濃縮スープ 1袋
2玉
トマト(中) 1個
レモン汁 小さじ1~2
オリーブオイル おおさじ1
一つまみ
50cc
和風出し(昆布、カツオ) 100cc
トマトジュース(無塩) 100cc

大葉、小ネギ、ミニトマト

備考:ボイルドエッグを一緒に盛り、麺とあえて食べるのもおいしい。
豚骨のこくとまろやかさが、トマトの旨みと相まって、いっそうおいしくなります。
トマトとレモンの酸味もさっぱり感がまして、夏向きの逸品です。

桂花ラーメンで作る豚骨鍋

麺で締める野菜たっぷり、ちゃんこ風
野菜、蒲鉾、エビなどお好みの材料で
美味しい鍋を!!

材料

桂花ラーメン 2人分
豚細切れ肉 100g
生姜みじん切り 一切れ分

白菜・ネギ・もやし・絹さやなどの野菜やキノコ類(意外に美味しくて、おすすめ)
えび・いか・蒲鉾・ちくわ・すり身などお好みの材料。

作り方

  1. 麺を2分間熱湯でゆでて、サット冷水で冷やして、引き締め、ざるにあげて水を切っておく。
  2. 土鍋で、桂花ラーメン添付のマー油で、みじん切りの生姜、豚肉を炒める。
  3. 炒めた鍋に白菜(白菜のない時期はキャベツ)をぎっしり並べいれ、桂花の豚骨スープ2袋(150CC×2)とお湯 500CCを注ぐ。
  4. さらに他の野菜やトマトのスライス、蒲鉾やエビ・イカなどの材料をきれいに並べふたをして煮立てて5分、野菜の量によって塩味がかわるので、整えてから食べる。
  5. 麺は、野菜類を食べながら、随時なべに入れて食べる。

ある主婦の私的贅沢ターローを2度楽しむ方法

今日は、桂花贅沢ターロー麺を家に持ち帰って、試食です。
桂花ターローを袋ごとボイルして、10分。先ずお皿に中身を空けました。なんと、ターロー肉のプルプルと柔らかそうで、いい香りがします。いっぺんに食べるのはあまりにもったいないと、つい試食という事を忘れて私は、「ターローを2度楽しみたい。」とばかりに、一切れは、シンプルに、小葱たっぷりのラーメン。もう一切れでご飯にあわせて、ターロー丼にしました。
ラーメンは、小葱とターローだけのシンプルさが、かえってスープと麺のおいしさを引き立てました。家庭の台所では、このシンプルさがうまくいくようです。
さて、丼の番です。前もって春菊を茹で、水にさらして色止めし、水をよく切って、4,5センチの長さに切っておきます。
ご飯の上にターローとゆでた春菊を盛り付けます。その上から、ターローのたれをコーンスターチ(または片栗粉)でとろみをつけたものをかけて、丼の出来上がりです。
ご飯好きの主人に丼、私はラーメンと分け合うつもりだったけど、あまりのおいしさに、今度は丼を私に、ラーメンを主人にともう一度作る羽目になってしまいました。
皆様にお勧めしたい、桂花贅沢ターローの簡単で、おいしい楽しみ方です。

里芋ときのこの炒め物・桂花ターロー味

余ったタレの利用の仕方です

材料

里芋 約500グラム
赤ピーマン(パプリカ) 1個
きのこ(シメジ・まいたけ・しいたけなど) 適量(例:各1パックずつ)
にんにくのみじん切り 大さじ1
ゴマ油 大さじ1
桂花ターローのタレ 2袋分

作り方

  1. よく洗った里芋を皮ごと、20分蒸します。
  2. 蒸した里芋は、熱いうちに皮をむきます。
  3. 里芋は一口大に切っておきます。
  4. 赤ピーマンは千切りにしておきます。
  5. きのこはシメジ、まいたけは適当にほぐし、しいたけは3ミリほどに切っておきます。
  6. にんにくのみじん切りしたものを、ごま油でいためます。
  7. にんにくが香ばしくなったら、きのこ、赤ピーマン、里芋、の順に炒めながら加えます。
  8. 桂花ターローのタレで味をつけ、全体がなじませます。 きのこの量などで、塩味が変わりますので、味を塩コショウで調えてください。

蒸した里芋は、熱々がそのままでも塩、胡椒で美味しいですし、お焼きなどにしても良いので 多めに蒸しておくのも重宝です。 タレには、じっくり煮込んだ豚バラ肉の美味しいエキスがいっぱいです。 ぜひ、いろいろと応用してください。

桂花風・風呂吹き大根

材料

桂花ターロー 2袋
大根 2/3本
昆布(10cm角) 2枚
米のとぎ汁適量(又はお米) 大さじ3
100cc
桂花ターローのタレ 2袋分

作り方

  1. 大根を3cm位の輪切りにして厚めに皮をむきます。面取りをして、一つの面に十字に切り込みを入れます。
  2.  
  3. 鍋に大根を入れ、かぶる位の米のとぎ汁(なければかぶる位の水に米)を加えて、強火にかけます。
  4. 沸騰したら弱火にして20分位下茹でし、サッと水洗いをします。
  5. 固く絞ったぬれ布巾で表面を拭いた昆布を鍋に敷き、下茹でした大根を並べ、酒と大根が十分かぶる位の水を加えて強火にかけます。 煮立ったら弱火にして蓋をせずに40分程茹でて、竹串を刺してス~ッと通ればできあがりです。
    (大根が表面に出るようなら、キッチンペーパーやオーブンシート等で落とし蓋をして下さい。)
    これで風呂吹き大根のできあがりです。
    普通田楽味噌や、ゆず味噌などでいただくのですが、これからが、桂花風です。
  6. ターローを、あらかじめ袋ごと5分間温めておきます。
  7. お皿に、大根とまわりに細切した昆布を敷いて、大根の上に太肉をのせます。
  8. 茹でて、さっと水にさらして色を鮮やかにした菜の花を添えると、より食欲増進!
  9. 水溶き片栗粉でとろみをつけた「ケイカ太肉」のタレを上からかけて出来あがりです。

茹でるだけで簡単に主菜の一品が出来上がります。
是非、お試しくださいませ!
もちろん、タレにじっくり煮込んだ豚バラ肉のうまみが十分にでているので、お肉をのせなくても、タレをかけるだけで美味しくいただけます。

催事のご案内

お問合せ お問合せ電話番号 お問合せメール


PAGE TOP